吉祥寺「大正通り」にある「茶の癒庵(ちゃのゆあん)」の「ほうじ茶ジェラート」で涼をいただく

「ほうじ茶ジェラート」を食べようと「大正通り」の「茶の癒庵」に久しぶりに立ち寄ると、ロゴ入りの暖簾がかかっていて以前より「らしく」なっていました。

入口を開放して換気などの対策はバッチリ

お店は「東急百貨店」の北沿いの「大正通り」を進んで「藤村女子」を少し過ぎたら右手にあります。

入口は開放されており、換気はもちろん店内に入りやすい効果もありそうです。

武蔵野市吉祥寺本町2-28-3 グリーニィ吉祥寺1階
●平日 12:00-18:00、土日祝 11:00-19:00

ほうじ茶と抹茶の「かき氷」はとても魅力的

店頭の看板にイラスト入りで「かき氷」をアピールしていました。

白玉、あんこ、練乳を乗せると 1,000円 。うーん、食べてみたい。

でも、今日は初志貫徹で「ほうじ茶ジェラート」をチョイス。

「ほうじ茶ジェラート」は期待通りの味わい

こちらが「ほうじ茶ジェラート」。ポン菓子(?)がアクセント。甘すぎず、大人にはちょうどいい感じ。

 

口に含んで溶けたあと、鼻から抜けるほうじ茶の香りに納得。

ふと「かき氷」のために用意しているのなら

編集長

「ほうじ茶ジェラート」にも白玉トッピングできればいいのに

と思ってしまいました。聞けばよかったかな?

次は是非とも「かき氷」も食べてみたくなりました。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

吉祥寺「中道通り」の「Capoon(カプーン)抹茶製造所」で「挽きたて抹茶ラテ」「ダブル抹茶のジェラート」を堪能「茶の癒庵(ちゃのゆあん)」の「抹茶」と「ほうじ茶」でマッタリ。「抹茶ふわふわみるく」も美味!「金子園 吉祥寺店」で宇治抹茶とバニラの味を一緒に楽しめる「みっくすそふと」をいただく