吉祥寺「piwang(ピワン)」監修のレトルトカレー「ど海老カレー」をレンチンして自宅ランチしました

冷蔵庫の食材が切れ、近所のスーパーで買い出し中に吉祥寺の人気カレー店「piwang」監修のレトルトカレーを見つけたので買ってきました。

「ハモニカ横丁」からお店を移転したのは確認済み

「piwang(ピワン)」は「ハモニカ横丁」で営業しているときに何度か利用しました。

吉祥寺ハモニカ横丁の小さなカレー屋さん「ピワン(piwang)」で見た目も素敵なあいがけカレー

現在は「東急裏」エリア(西三条通り)に移転して「キチム」内での営業は確認済み。

武蔵野市吉祥寺本町2-14-7 吉祥ビル B1F
●11:00-17:00 水曜休+不定休

 

「吉祥寺ランチ」で再訪予定でしたが「新コロナ騒ぎ」で実現できていません。

騒ぎが落ち着いたら訪問しますが、とりあえず今は「レトルト」でガマン。

「あいがけ」のパッケージ写真がそそりますね。

具としてゴロっと入っているのは「海老だんご」

いかにものレトルトパック。

 

湯煎は面倒なので耐熱容器に入れて「レンジでチン」しましょう。

どうやらゴロっとした具は「海老」ではなく「海老だんご」ですね。

 

レンチン後、ごはんの横にかけると「それ」っぽくなりました。

なるほど「海老」のうまみがたっぷりのスープ

さすがに「それ」だけだと栄養不足なので目玉焼きをトッピング!

 

さらに「具だくさんスープ」と市販の「サラダ」も添えて完成!

 

肝心の味ですが、なるほど「ピワン」っぽい酸味とスパイシーなスープで、ほどよい辛さでごはんが進みます。

 

「海老だんご」は確かに海老の味もしますが「ど海老」ではないです。

それよりもスープ自体に海老のうまみがちゃんと溶け込んでいます。

 

とりあえず、手軽に楽しむにはいいですが、やはりお店で「あいがけ」でガッツリ食べたくなりました。なにはともあれ、ごちそうさま。

追記:「黒胡麻坦々キーマカレー」も食べてみた

実は別の棚に、別の「piwang」監修カレーも売っていたので一緒に買いました。

ということで、今日の「自宅ランチ」は「黒胡麻坦々キーマカレー」です。

 

こちらは「ハモニカ横丁」とあるので「ど海老」よりも前に発売されたのでしょう。

 

「ど海老」とあたためる手順は同じなので簡単です。

 

パッケージに「トッピングには角切りにした絹豆腐がおすすめ」と紹介されていたのでやってみました。

 

おっ、なるほど「花椒(ホアジャン)香る」というのは伝わりました。

 

スパイスとしての「黒胡麻」も味わいが大きく「絹豆腐」とも合いますね。

個人的には「ど海老カレー」よりも好きな味かも!ますます、お店で食べたくなりました。おいしかったです。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

吉祥寺ハモニカ横丁の小さなカレー屋さん「ピワン(piwang)」で見た目も素敵なあいがけカレー「カリーつけ麺」専門店になったはずの「モンタナ」で「レッドシュリンプエッグカリー」をいただくスープカレーのお店「SAMA 吉祥寺店」で吉祥寺限定の「パリチキとチーズのカリー」をいただく