「小川の魚 吉祥寺」でランチなのに気合の入った「富士の介と川魚の御膳」に大満足

ランチ営業をしていると聞いて「小川の魚」を訪問。なるほど「ランチのぼり」がたなびいています。

「末広通り」で「どいちゃん」の角にある小道沿い

お店は吉祥寺南口を出て左に「ヤマダ電気」前の信号を渡って「末広通り」を進み、「どいちゃん」を過ぎた角で左に入った小道の右手にあります。

ここにお店があることに気が付きませんでした。

武蔵野市吉祥寺南町2-9-13
●11:30-14:00、17:00-23:00、月曜休

ランチメニューは「石焼うなぎご飯」もおいしそう

ランチメニューは 3種類。「石焼うなぎご飯」にも惹かれます。

でも、とりあえず一番豪勢な「富士の介と川魚の御膳」をチョイス。

「富士の介(すけ)」は「キングサーモンとニジマスを交配」した魚とのこと。

養殖魚なのですね。

豪華な「富士の介と川魚の御膳」が二段重で登場

なんと二段重が登場。お品書きまで用意され、気合が伝わってきます。

ふたを開けて、さらにびっくり。これを 2,200円とは奮発したものです。

では、いただきましょう!

「富士の介丼」をはじめ小鉢すべてがおいしい

こちらが「富士の介丼」。見た目も素敵!色はサーモンピンク。

色と味はサーモンですが、少し淡白で食べやすい感じ。とてもおいしくいただけました。

ほかの小鉢もすべて、しっかり調理されており、どれもおいしかったです。

茶碗蒸しも梅がアクセントになって、とっても美味でした。

 

最後の「玉水晶」まで、すべておいしかったです。ごちそうさま。

ランチで実力の一端を見せて、晩もよろしく!ということなのでしょう。

夜もセットがあれば行くのですが…。

2023/7/28「石焼うなぎご飯」を食べに再訪

2023年の「土用の丑の日」は 7月30日 と聞いて「小川の魚」のランチメニュー「石焼うなぎご飯」を思い出して再訪しました。

こちらが「石焼うなぎご飯」。これ本当に 1,400円でいいの?と思うくらいの充実度です。

卵の黄身が、なんともおいしそう!

「タレをかけて混ぜて」とのことなので素直にまぜまぜ。石碗がアツアツ。

茶碗によそって、いただきます!

混ぜたことで食べるごとに味わいに変化があり楽しく、もちろん、うなぎもしっかりおいしくいただけました。

十分にうなぎの味を堪能できました。ごちそうさま。

2024/4/10 追加メニュー「富士の介 親子丼」を堪能

久しぶりに立ち寄るとランチメニューに「富士の介 親子丼」や「紅鱒丼」などが追加されていました。

そこで早速、「富士の介 親子丼」をオーダー。これで 1,800円は素晴らしい。

なんといっても色味が綺麗だし、いくらもたっぷり。

「富士の介」も「いくら」も、存分に味わえました。

小鉢、茶碗蒸しも含め、すべておいしかったです。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

「吉祥寺ランチ」で食べ歩きグルメしたお店まとめ(614軒) 吉祥寺の魚料理・定食「里の宿」で「赤めばる煮付」を骨の髄まで堪能しました 「魚猿(うおざる)」の佐渡産ブリ大根セットで 2017年最初の吉祥寺ランチ