「井の頭通り」の「CAFE&KITCHEN PANITA(パニータ)」でお店自慢の「ポルケッタパニーニ」を堪能

天気も良かったので「井の頭通り」を歩いて吉祥寺に向かっていると内装の美しい「PANITA」というオシャレなお店ができていたので飛び込んできました。

ガラス越しに見える店内はとても綺麗

お店は「吉祥寺駅」から三鷹方向に「井の頭通り」をしばらく歩くと左手にあります。「紀ノ国屋」よりは吉祥寺寄りです。

ガラス越しに見える店内はとても綺麗です。

でも、店頭の看板がなければ飲食店だとは確信が持てないかも。

看板によると「パニーニ」がメインみたい。というか「パニーニ」って何?

武蔵野市吉祥寺本町3-4-9
●11:00-19:00、月・火休

「パニーニ」とはイタリア風サンドイッチ?

家に帰ってきてから検索すると

パニーノ(イタリア語: Panino)は、パンで具材を挟んだイタリア料理の軽食。ちなみにパニーノは単数形で、複数形はパニーニ(panini)という。

とのこと。強引に理解するとイタリア風サンドイッチといったところでしょうか。

メニューには「パニーニ」の種類として「ボルケッタ」「プロシュートモッツアレラ」「シチリア」「プルドポーク」「ベジタブル」「5種のチーズ」があります。

さらに「ハーフ&ハーフ」もあって悩ましいですが、とりあえず一番上の「ボルケッタパニーニ」をチョイス。

あと、せっかくなので「フレッシュサラダ&日替わりでリセット」も追加。

合計 2,200円となるのでコーヒーを付けるのはやめました。

なるほどおいしかった「ポルケッタパニーニ」

15分ほどしてワンプレートで登場。なかなかゴージャスではあります。

でも、この待ち時間ならサラダなどは先に出したほうが良かったかも。

 

「日替わりデリ」は「ラタトゥーユ」。冷製で具だくさん。サラダもシャキッと新鮮。

 

 

そして「パニーニ」は見た目以上に豚肉、バジルがたっぷり。パンは「チャパタ」。オリーブオイルがたっぷり染みており、豚肉との相性もバッチリ。

「ポルケッタ」とは『ハーブペイストを塗り、オーブンでじっくり焼き上げた豚バラ肉』とのこと。

確かに豚の脂身が甘く、おいしいです。

これが看板料理!という気持ちは充分に伝わりました。

 

とにかく店内は素敵な空間で、気持ちよく過ごせました。

「パニーニ」もおいしかったです。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

「ヴィレッジヴァンガード ダイナー吉祥寺」でおしゃれにボリューム満点のハンバーガーでランチ井の頭通り沿いの創作フレンチ「SIZZLE(シズル)」で岩中豚と鎌倉野菜の鉄板焼きランチコースを堪能吉祥寺「coromo-cya-ya(コロモチャヤ)」で「オープンサンドクロックマダム」をいただく