インドネシア料理「ハチドゥア(Hati Dua)」で「ルンダン」中心のワンプレートランチとバリコーヒーを堪能

インドネシア料理のお店ができたと聞いて「吉祥寺ランチ」してきました。どうやら夜は「呑楽NEKO」という飲み屋さんで、昼間だけ間借りの様子。

「末広通り」と「井の頭通り」をつなぐ小路の途中

お店は「吉祥寺駅南口」を出て左手に進み「末広通り」をしばらく行って「井の頭通り」に抜ける小道(弁天通り)の途中にあります。

向かって右の階段を少し上った左手に入口があり、中はオシャレな空間です。

大きな窓から外が見え、インドネシアっぽい音楽が流れています。

武蔵野市吉祥寺南町2-6-6 第二丸昌ビル 1F
●11:00-15:00(土日 11:00-14:00)

1日20食限定というインドネシア料理のランチ

入口に「1日20食限定インドネシア料理/ランチやっています」の看板あり。

メニューをみると本当に「TODAY’S PLATE(1,600円)」一択の様子。

量も分からないので、とりあえず「本日のワンプレート」をオーダー。

牛肉の煮込み料理「ルンダン」がメイン

8分ほどして登場したのがこちらのワンプレート。チキンスープの右にあるのが牛肉の煮込み料理「ルンダン」。

メニューによると「世界一おいしいと評価された」とのことですが、なるほど様々なスパイスと一緒に煮込まれた牛肉がトロっとおいしくいただけました。

ほかの料理も、個性があって、どれも楽しめました。

  

  

トータルでとても満足できるワンプレート。ごちそうさまでした。

独特の淹れ方という「バリコーヒー」をいただく

「バリコーヒー」と「本日のデザート」を追加オーダー。

「独特の淹れ方」というのは「フィルターなしでコーヒーの粉を溶かす」ので、かき混ぜたら上澄みを飲むとのこと。

なるほど。上澄みを飲む分には普通のコーヒーと同じ感じです。

そしてチーズケーキにかかっているのは柿とクローブのジャム。トロっとした柿が甘すぎず、ケーキともいい感じ。

ランチもデザートも大満足。タイやベトナムとも違うインドネシア料理を堪能できました。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

「吉祥寺ランチ」で食べ歩きグルメしたお店まとめ(617軒) 移転したタイ料理「クルン・サイアム 吉祥寺店」で生春巻き付き「トムヤム麺」ランチに「ミニガパオ」を足して大満足