「吉祥寺TKG たまごのおはなし」で名古屋コーチンとパワーエッグで「卵かけご飯」を食べ比べた結果は

吉祥寺プチロードに「卵かけご飯」のお店があるのは知っていましたが、看板を見るまで昼も営業していると知らなかったので「吉祥寺ランチ」してきました。

 

プチロードの雑居ビル「六鳴館」の地下1階

お店は吉祥寺駅北口を出てサンロード途中を左折して「元町通り」を進み、コピスA館隣の「譚仔三哥」の角を右に入る細い通り(プチロード)を進み「ペニーレーン」手前の左手の雑居ビル「六鳴館」の地下一階です。

同ビル2階に「比内や」や「タントビーノ」が入っています。

階段を降りると向かって左が入口。店内はテーブル席と靴を脱いで上がる座敷席があり。

 

14時を過ぎていたのに女性グループが 3組もいて、正直、ちょっとビックリ。

武蔵野市吉祥寺本町1-8-14 六鳴館 B1
●11:30-16:00、17:00-22:00

たまご 2個とトッピング 3種が標準みたい

メニューは卵ひとつにトッピングひとつのシンプルな「極み 1杯」500円から始まって、ご飯 2杯で卵 2個なら 750円、トッピング 3種類なら 1,350円といった具合。

さすがに「たまご食べ比べ放題」はきついので「極上たまごかけごはん御膳(1,350円)」にしました。

トッピング 3種選びは結構、悩ましいかも。とりあえず「ほぐし鮭」「たこわさび」「国産バター」にしました。

追加トッピングは 1種 100円とのこと。

8種類以上ある「たまご選び」も悩ましい

運ばれてきたのがこちら。スープは鶏白湯。木の器に卵を自分で選んで取ってくるシステム。

最初のごはんの量は小盛 130g、並盛 160g、大盛 220g から選べて、私はとりあえず並盛。

こちらが選べる卵。この時点で 8種類。これまた選ぶのが悩ましい。6個800円+税でテイクアウトもできるのですね。

とりあえず、私でも聞いたことのある「名古屋コーチン」とハイスペックという「パワーエッグ」をチョイス。

やはり殻に色が付いているほうが高級そうに見えてしまいます。

間違いなくおいしいけど違いは分かりにくい

たまごも加えて、やっとそれっぽく見えます。

まずは「名古屋コーチン」から。う~ん、見た目では分かりませんね。

醤油にバターを加え、かき混ぜたらいただきます。うん。間違いなく、おいしい「たまごかけごはん」ではあります。

 

いろんな調味料を試し、トッピングも加えながら、ペロッといただきました。

ごはんを好きな量よそって、2杯目は「パワーエッグ」。あとから写真で見ると、少し黄身の色が明るい気もしますが、その場では分かりませんでした。

こちらも同じく最初は「特級本醸造醤油」とバターで味付け。

 

正直、丼を 2つ用意して、同時に食べ比べでもしないと違いは分からないですね。

いずれにせよ、選ぶところから楽しく、おいしくいただけたのは間違いありません。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

「吉祥寺ランチ」で食べ歩きグルメしたお店まとめ(617軒) 焼き鳥「たまや 吉祥寺」のランチで「炭火焼 特製親子丼」を堪能しました 「比内や(ひないや)吉祥寺店」のランチサービスで比内地鶏の『親子丼』を堪能