和食ダイニング「金の猿(きんのさる)」が閉店と知って「ぜいたくご膳」で吉祥寺ランチしてきました

吉祥寺で和食といえば最初に名前が浮かぶ「金の猿(きんのさる)」が 2020年12月22日に閉店と知り、とにかく急いで「吉祥寺ランチ」で再訪してきました。

井の頭公園を望む和食ダイニング「金の猿」

お店は吉祥寺駅南口から「七井橋通り」を進んで「井の頭公園」に降りる階段の途中左手に入口があります。

 

階段で上階(実は 1階)に上がります。ラフな格好でも店員の対応は気持ちよいです。

 

同ビル下階に「鳥良」、上階に「プリミバチ」が入っています。

武蔵野市吉祥寺南町1-21-1 井の頭パークサイドビル
●11:30-15:00、17:30-23:00 無休

誕生日に使おうと「エール!むさしの」で支援

「金の猿」を利用するのは実は3回目。どうしても「ハレの日」に使う印象が強く、前回も 4年前に「吉祥寺ランチ」150軒目の節目で訪問しました。

吉祥寺の和食ダイニング「金の猿(きんのさる)」で平日限定の「刺身御膳」をいただきました

そんな「金の猿」が「エール!むさしの」で支援できるお店に名を連ねていたので、吉祥寺の「看板店」として頑張ってほしくて指名しました。

参考 『エール!むさしの』(武蔵野商工会議所 2020/06/01 公開)クラウドファンディング READYFOR

12月の誕生日に予約して「会席コース」で贅沢しようという計画でした。

ところが 12月22日に閉店と知って、まずは一度、訪ねたいと思ったわけです。

お客さまへ 閉店のお知らせです。
季節ごとに趣を変える井の頭公園と共に23年間、
この地でお客さまをお迎えしてきた金の猿は
12月22日を最後に閉店させていただくこととなりました。

金の猿 – おいしいランチとディナーの和食ダイニング

せっかくなので「金の猿のぜいたくご膳」を選択

3年前より「お昼の献立」は選択肢が増え、充実していました。

前回は「刺身御膳」だったので今回は「煮魚」にしようと思っていたのですが、せっかくなので前回はなかった「ぜいたくご膳」をチョイス。

入口の看板にもあるように、毎月、変えていたのですね。

頑張って営業していらっしゃるのに…。

なるほど「ぜいたくご膳」にふさわしい品ぞろえ

こちらが「金の猿のぜいたくご膳」。これだけの皿数があれば贅沢感は充分。

 

サラダも小鉢も丁寧な仕事です。

 

 

湯葉、玉子焼き、鴨肉の燻製、お刺身、どれもおいしいです。

 

メインの「鱈ときのこと根菜のあんかけ」は野菜も豊富。絡めたあんもいい塩梅。

 

思わず、ご飯も「おかわり」しちゃいました。

このお店がなくなってしまうなんて、本当に残念です。

「エール!むさしの」の「みらい飯」カードは、まだ 1,400円分あるので、閉店前にもう一度、訪れたいと思います。

次は「煮魚ご膳」がいいかな。なにはともあれ、ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

「吉祥寺ランチ」で食べ歩きグルメしたお店の総まとめ(507軒)「菘(すずな)」のお昼メニュー「すずな御膳」で少しずつ色々な料理を味わう(吉祥寺ランチ)吉祥寺の和食ダイニング「金の猿(きんのさる)」で平日限定の「刺身御膳」をいただきました