コピス吉祥寺 2F で「UNISON TAILOR」の次にできた「CAPE(カペ)」はよりカジュアルに使えるカフェ

コピス吉祥寺 2F にあったカフェ「UNISON TAILOR」が閉店し、そのあと別のお店「CAPE」が営業を始めていたので利用してきました。

コピス吉祥寺 2F にできた「UNISON TAILOR」でレコードを聴きながらスペシャルティコーヒー …閉店

「UNISON TAILOR」も何度か利用しましたが、オシャレ感が強くて気軽にコーヒーを飲むには少しハードルが高かったかも。

「UNISON TAILOR」よりも気軽に利用できそう

その点で「CAPE(カペ)」は店頭のソフトクリームのサインからして「お気軽にどうぞ!」という雰囲気を醸し出しています。

お店の背後にある吹き抜けを取り囲むようにイスとテーブルが配置され、コピス内なのにオープンなスペースでゆったり過ごせます。

「UNISON TAILOR」のときも同じ仕組みでしたが、イスは座りやすいかも。

武蔵野市吉祥寺本町1-11-5 コピス吉祥寺 2F
●10:00-21:00

店名は「CAPE(カペ)」?「CAPISH」?

看板を見ると店名が「CAPE(カペ)」なのか「CAPISH」なのか分かりにくいです。もう少し「CAPE」の文字は大きくしたほうがいいかも。

どうやらカップ入りの軽食を「CAPISH(カピッシュ)」と呼ぶみたい。

面白い商品なので、いつか「吉祥寺ランチ」で食べてみましょう。

コーヒー 320円、ワッフルとセットで 580円

改めてメニューを見ると、ホットコーヒーは 320円。ベルギーワッフルが 310円。カピッシュは 750円。

とりあえず最初なので、コーヒーとメープルのワッフルを注文。すると 580円でセットになるとのこと。普通のメニューにも載せたほうが…。

雑多な感じでもいいんだけど、大切な情報は分かりやすくして欲しいです。

相変わらず開放感のある空間で居心地はいい

ワッフルは注文後に焼くようで、席に座って 6分ほどしたらコーヒーと一緒に登場。

 

ワッフルは思ったよりサイズあり。でも、フワッとして重くないです。なるほどメイプルの甘味があります。

 

コーヒーもいたって普通。この量なら 1時間くらいは粘れそう。

実際、この日は 1時間ほど、ここで過ごしました。

 

ベビーカーで子ども連れのママ達も利用しており、そういう意味で人気が出るかも。

私も「UNISON TAILOR」の頃より利用するかも。なので人気が出て混むのも困るけど、お客が少なくてすぐ閉店というのも…。

紹介するのが難しいところです。

追記:カップのフタが便利かも(2020/3/20)

3回目の利用で、ふとコーヒーカップのフタが違う(?)と気が付きました。

小さいほうだけでなく、大きいほうも開くのかな?

 

おお、こうなるのね。これは飲みやすい!

 

これならフタ全開よりは冷めにくくてこぼしにくいし、いざとなれば持ち歩けるのでナイスなフタだな~と感心したので追記しました。

もしかしたら、すでに世の中的には広く出回っているフタかもしれませんが、私は初めて見ました。というか、それほどテイクアウトはしないので…。

 

こちらの記事もいかがですか?

コピス吉祥寺 2F にできた「UNISON TAILOR」でレコードを聴きながらスペシャルティコーヒー …閉店吉祥寺にゲイシャコーヒー専門店「ぱるけコーヒー」が遂にオープン!コーヒーチェリーのワッフルも。井の頭公園で散策のお供に「ブルースカイコーヒー」のテイクアウトはいかが?