「中華食堂一番館 吉祥寺北口駅前店」なら「野菜たっぷり味噌らぁ麺」と「焼き餃子」で税込 700円!

吉祥寺ランチ」のラーメン特集で「紅虎軒」「バーミヤン」「日高屋」と続けたので、半年前にできた「中華食堂一番館 吉祥寺北口駅前店」にも行ってきました。

なんといっても「かけらぁ麺 290円」はなかなかの値付け!

「ハモニカ横丁 入口」看板に負けないメニュー看板

お店は吉祥寺駅北口を降りて左手にある「ハモニカ横丁」の入口向かって右の細長いビルの1&2階です。

「ハモニカ横丁 入口」の看板に負けないメニュー看板が目印。

武蔵野市吉祥寺本町1-1-3 1F・2F
●11:00-24:00

「かけらぁ麺」の税込 290円は相当なインパクト

実は「サンロード」の奥に「中華食堂 一番館 吉祥寺店」があって、すでに「吉祥寺ランチ」でレポート済みです。

そのときも「安さ」に感心しましたが、さらに吉祥寺北口駅前にまで進出する勢いがあるとは思いませんでした。

 

前回は「定食」狙いで「麺類」はチェックしなかったのですが、思った以上に種類も豊富。しかもどれも税込 600円以下。

 

中でも「かけらぁ麺」が税込 290円は相当なインパクト。

とはいえ、さすがにこれでは寂しいので「野菜たっぷり味噌らぁ麺(500円)」を選択。そこに「焼き餃子 6個 200円」も追加しました。

見た目より野菜も豊富な「野菜たっぷり味噌らぁ麺」

4分ほどで「野菜たっぷり味噌らぁ麺」が登場。パッと見では「野菜たっぷり」感は少な目。

 

スープはかなりコッテリのみそ味。

 

麺は中太ちぢれ麺。ちゃんとモチっとしています。

 

具材も少し持ち上げてみると、確かに野菜はたっぷりありました。結構、ひき肉も多めで良心的。

「焼き餃子」6個 税込 200円なのに意外としっかり

3分後に餃子も登場。サイズも小さくなく、しっかりしています。

 

これで 700円というのは相当にリーズナブル。

 

餃子にはしっかり具は入っていて意外とジューシー。

 

いやいや、ついつい完食してしまいました。

期待以上にちゃんとおいしくいただけました。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?