ランチ時には懐かしい「町の洋食屋」のような吉祥寺ドンキ裏の老舗ダイニングバー「MUKU(ムク)」

「吉祥寺ランチ」で 500軒超えといっても未訪問のお店は結構あって、今回は「ドンキ裏」で気になっていた「MUKU」を訪れてみました。

「ドンキ裏」で営業を続ける老舗ダイニングバー

「ドンキホーテ」の細い裏通りで緑の下地に白く「MUKU」とあるだけなので、喫茶店のような何のお店なのか分かりにくいです。

バドワイザーの電飾やハートランドの看板からも、夜はダイニングバーでいいのかな?

でも、昼時は看板やのぼりで「ランチ」をしっかりアピール。

 

なので、いつかは「吉祥寺ランチ」しようと思っていたのです。

武蔵野市吉祥寺南町1-11-3 三全ビル1F
●11:30-15:00、18:00-24:00、日曜休

ランチタイムは昔懐かしい「町の洋食屋さん」

店内は落ち着いた色調の懐かしい雰囲気で過ごしやすいです。

テーブル間にビニールで敷居を設けて、コロナ対策もバッチリ。

ランチメニューには「ハンバーグ」「ナポリタン」「オムライス」もあり、まさに「町の洋食屋さん」の雰囲気です。

「ナポリタン」でもよかったのですが、先頭の「牛肉バター焼きランチ」が食べたくなってオーダーしました。

ドリンクは「グレープフルーツジュース」をチョイス。

濃い目の味付けとスパゲッティが懐かしい

こちらが「牛肉バター焼きランチ」。お皿のライスとお椀のお味噌汁が絶妙。

 

サラダもちゃんと量があり、牛肉バター焼きも結構なボリュームです。

添え物のスパゲッティがたまりません。パスタじゃありません。

 

味付けもしっかり。それがまた懐かしさを誘います。

「食べログ」には約 40年も営業しているということで隠れた老舗という感じ。雰囲気も良くて料理もしっかりおいしかったです。ごちそうさま!

 

こちらの記事もいかがですか?

「吉祥寺ランチ」で食べ歩きグルメしたお店の総まとめ(507軒)「らすぷーる」でちょっと不思議な「らすぷーる風オムライス」をいただきました(吉祥寺ランチ)「カヤシマ」の懐かしい味のナポリタンで吉祥寺ランチ