「挽肉と米」の極上焼きたてハンバーグと釜で炊きたてご飯で 500軒目の吉祥寺ランチを堪能しました

吉祥寺 東急REIホテル」に泊まり、朝から「小ざさ」の「羊羹引換券」をゲットしたあと、8:45 から「挽肉と米」の行列にも並んで「整理券」を入手できました!

これで「吉祥寺ランチ」の記念すべき 500軒目は「挽肉と米」に決定です。

現在、ランチ利用は朝9時から配る整理券が必要

場所は「東急百貨店」の北にある「大正通り」の 2ブロック先を右折した通り(西二条通り)を少し歩くと右手にあります。

向かって左隣は「吉祥寺マグロ食堂魚金」。

オープンしてから行列が絶えない人気店となり、当日分の整理券を事前に配るスタイルになりました。昼の部は 9時からの記帳です。

さすがに、このためだけに朝から吉祥寺に来る気にはなれなかったのですが、今回「吉祥寺 東急REIホテル」に泊まったことで実現。

「吉祥寺 東急REIホテル」に会員限定のお得な GoToトラベル割引対象シングル朝食付き 6,000円プランあり

朝から「小ざさ」と「挽肉と米」の行列へ順に並んで、両方ともゲット!

めでたし、めでたし。

武蔵野市吉祥寺本町2-8-3
●11:00-15:00、17:00-21:00

「挽肉と米ハンバーグ」は 1個 90g で 3個まで

13時で約束すると「12:45 に来てください」と言われたので店の前で待っていると 12:50 に名前が呼ばれました。

入口を入って右手に券売機があり、最初に購入するようです。

とりあえず「挽肉と米 ハンバーグ(1個90g / 3個まで)釜炊きご飯、味噌汁(1,300円)」をチョイス。

ハンバーグを焼くところを囲む半円状のカウンター席に案内され、順番に焼き立てを配膳する仕組みのようです。

ハンバーグは最大 3つですが、いくつにしますか?と聞かれ、当然「3つ」と答えました。

少し小ぶり、だからこそいい感じの焼き具合

ご飯と味噌汁が配膳され、そして 1個目のハンバーグが登場!

 

『最初はごはんに乗せてそのままどうぞ』とのことなので、素直にガブリ!

なるほど、ハンバーグは小ぶりですが、中のほうは少しレアな感じも残しつつ、肉汁もじゅわっと出る「いい感じ」の焼き加減。

2個目は「鬼おろし」、3個目は卵かけご飯で

2個目の前に「鬼おろし」が出され、そこに特製ソースをかけて、さっぱりした味変が楽しめます。調味料も豊富で飽きさせません。

 

 

念のため 2個目は箸で割ると、なるほど肉汁がご飯に染み込んでいきます。

 

「本日のお米」は新潟産「みずほの輝き」。しっかり釜炊き。

 

 

そしてこれが最後の 3個目。

 

せっかくなのでご飯をおかわりして、卵かけご飯に!

 

最後まで、おいしくいただけました!なるほど「挽肉と米」という店名に納得。

最後まで飽きずに楽しめました。まだ食べられますが、このあたりがちょうどいいかも。

なるほど人気が出るはずです。「吉祥寺ランチ」500軒目にふさわしいお店になりました!どうも、ごちそうさま!

 

こちらの記事もいかがですか?

「吉祥寺ランチ」で食べ歩きグルメしたお店の総まとめ(507軒)GoToトラベル地域共通クーポンも使える「チョップスティックス 吉祥寺店」で「牛肉とトマトのフォー」を味わう俺を卒業していた「山本のハンバーグ」で平日ランチ限定「週替わりコンビ」をいただく