「井の頭公園駅」のそば「珈琲屋トムネコゴ」の静かな落ち着いた空間でコーヒーとクッキーを味わう

縄文おやき」を食べながら「井の頭公園」を散策中に「井の頭公園駅」そばで「珈琲屋トムネコゴ」という看板を見つけました。

なんとも味があるので、入ってみることにしました。

いまでは懐かしいアパートの一室みたい

お店は「井の頭公園駅」の向かいにある小路沿いにあるアパートの 1階、という感じの場所にあります。

 

鉄の扉が開いており、その中に木の扉があるので入りにくくはないです。

三鷹市井の頭3-32-16 セブンスターマンション1F
●平日12:00-21:00、土日祝 9:00-21:00、火曜休

写真撮影禁止なので、以降は写真なし

店内は民家のようですが「土足でどうぞ」と書いてあるので奥に入りました。

するとジャズ系の音楽が流れ、暖かい照明の部屋には小さな机と椅子が何組か用意され、とても落ち着いた雰囲気。

 

先客は数名ほど。窓際にある木製の小ぶりな机に座ってみました。店主が持ってきたメニューを見ると

写真撮影禁止

とありました。なので素直に以降、写真ありません。パソコンもヘッドフォンも、大きな声での会話もご遠慮くださいとのこと。

 

コーヒーはブレンドで 3種類あり、真ん中をチョイス。570円。170円というクッキーも追加。

ネルドリップなので時間がかかるとのことで、たまっている新聞を取り出して読むことにしました。

 

壁際の棚には「暮らしの手帳」のバックナンバーをはじめ、個性的な本が並んでおり、手ぶらで来ても長居できそうです。

コーヒーもクッキーもお店にしっくり

10分ほどで出てきたコーヒーは香り豊かで、バランスもよくて気に入りました。

クッキーはナッツ入りで少しかためですが、それがまたコーヒーと合います。

 

ほかのお客さんもおとなしく過ごしているらしく、店内は流れる音楽だけでの静かな空間。

たまにはこういう過ごし方もいいですね、と妙に悦に入ってしまいます。

 

帰ってから検索すると、こんな紹介ページがありました。雰囲気はこの文章と写真で感じてください。

参考 珈琲と読書と音楽と、名づけようのないもの/トムネコゴ【カフェマニア川口葉子連載Vol.6】【Lets】レッツエンジョイ東京

とても落ち着きます。約1時間ほど、コーヒーを味わいながら新聞を読みました。

豆は 100g から量り売りしてもらえる

おいしかったので帰りにコーヒー豆を購入。ビニール袋に分けてもらった感じ。100g 570円だったかな。店内で飲んだ人は 100円引き。

『こちらで焙煎されたのですか?』と尋ねると『違います。』とのこと。それ以上は聞けませんでした。

 

早速、家で淹れてみましたが、店での味わいと同じ。おいしいです。

ということで静かにコーヒータイムを過ごしたいときにピッタリのお店でした。足が向いたら、また寄らせていただきます。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

「井の頭通り」の自家焙煎店「MALVAROSA(マルバローザ珈琲商会)」で「オススメコーヒー」を味わう東急百貨店 吉祥寺店 4階にある喫茶店「井の頭珈琲」の「井の頭ブレンド」でゆったり大人時間を過ごすこれぞ隠れ家の吉祥寺「月波珈琲店&bar」でオールドビーンズのオリジナルブレンドをいただく